防犯センサー-村上



玄関や窓に付いている防犯センサーの交換をした。
防犯センサーはマグネットが内蔵されていて、それがくっつくとセットされ、離れると警報が出る構造だが、経年劣化で、セットができなかったり、警報が出なくなることがある。
先輩に教えてもらいながら工事したが、分解してみると、センサーが随分腐食していてマグネットが動かなくなっていた。 作業自体は難しくないが、既存の電線が細く短い為、電線を切りすぎないようにすることと、取付向きに注意した。
消防用設備ではないが、またもうひとつ新しい事を覚えた。
今後も、新しい技術を貪欲に学んでいきたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA